黄色いハンカチのブログを移転しました。

黄色いハンカチをご覧になっている避難者・市民・支援者の皆さん。


いつもお世話になっております。黄色いハンカチ事務局です。

この度、黄色いハンカチを下記のアドレスに変更します。

引き続き、黄色いハンカチをよろしくお願いします。


http://blogs.yahoo.co.jp/yellowyellow1834


2015年

7月

09日

今日もサロンはハグで仲良く

 今年の梅雨は長雨で、外は今日も雨。サロンは何時ものメンバーでにぎやかです。陸前高田のKさんが加齢臭の話しで皆を大笑させている。富岡町のIさんの妹、A子さんが来ました。一人一人と「久しぶりねー」とハグをしてみんなさんハッピーです。            (NT記)

2015年

7月

07日

今日は歌の日

 今日は歌の日で、皆さん歌うのを楽しみに集まります。サロンがいっぱいの人、人。全員で20人位いたかな。にぎやか。エレクトーンのMさんいつもいつも楽しい時間をありがとう。 次回は8月4日(火)です。                 (NT記)

2015年

6月

23日

「故郷の煮しめをつくる会」

 故郷の味が懐かしい。どんなご馳走より、子供の頃から馴染んだ味です。松戸の市民会館の料理室で23日(水)に32人集まりました。

1.四グループに分かれて、それぞれのグループごとの味付けでした。

 煮しめ、かき揚げ、ワカメの味噌汁の出来上がり。ご飯は食べ放題。

2.カマ餅の作り方

(1)材料:小麦粉;200g、水;適当、黒砂糖;小指くらいの塊10ヶ。

(2)作り方:小麦粉に水を少しずつ加え耳たぶ位の柔らかさになるまで   こねます。100gから5ケの団子と作って、手のうえでたたいて   伸ばします。黒砂糖を入れて餃子みたいに畳んでお湯に入れる。

(3)出来上がり:浮き上がってから少しおいておくと、黒砂糖が解けて

  食べごろです。南天の葉っぱを敷いて2ヶづつ乗っけます。

20150623aa
20150623ab

続きを読む

2015年

6月

07日

「僕らの出番がきっとくる!」

 6月7日松戸市森のホールで東葛合唱団はるかぜの25周年記念コンサートがあり、第三部が南相馬市の方々も参加して歌と寸劇「僕らの出番がきっとくる」でした。

 新地町や南相馬の小学生が大災害以降始めた「五・七・五」17文字の俳句を歌にしたものでした。

「友と会う あのころの記おく よみがえる」→(友達皆ばらばら)、

「かなえたい ゆめがあるから がんばれる」→(明るく頑張れ)、

「十年後 ぼくらの出番が きっとくる」→(君たちの活躍を信じ 期待しています)、など等どの句にも共感。

南相馬の小学生。素晴らしい感性の詩に感激し、涙なみだで聞きました。

野馬追の絵も沢山展示されていました。上手だった。

 

 「何にも負げねぇ 仮設の踊り」南相馬高見第2仮設のみなさんの踊りはもっと見たかった。                (NT記)

 

20150607aa
20150607ab

2015年

6月

07日

2014年度 「黄色いハンカチ」活動報告会

 6月7日松戸市ゆうまつど(女性センター)で、報告会が開催されました。避難者の外に、福島県・浪江町・大熊町・双葉町の復興支援員の方々、千葉県社協の福島復興支援員、特定NPOちば市民活動・市民事業サポートクラブの方など多数が参加しました。

 「花は咲く」「ふるさとは今も変わらず」など歌の時間もあって盛会でした。                 

2015年

6月

03日

料理教室「東北の味覚を味わおう」のお誘い

懐かしい故郷の料理を作って、楽しく交流しましょう。

メニューは、煮しめ、かき揚げ、ワカメ汁、カマもちなど


1.日時: 6月23日 10時~14時

2.場所: 松戸市民会館 調理室

3.参加対象:被災者、市民

4.参加費: 500円

5.定員: 30人

6.持ち物: エプロン、三角巾、布きん


サロンに申し込んでください。Tel;047-710-5546


2015年

5月

29日

千葉県原発訴訟裁判を傍聴しました(5/29)

 千葉地裁で題記を傍聴しました。今日は原告の本人尋問の最終日です。海、山、川。自然に恵まれた豊かな広野町から自主避難している方が、豊かな故郷の営みを奪われた被害者の無念さと、避難生活の厳しさ、放射能への不安を証言しました。

 3人の子供達が大好きだった二つ公園は除染作業員約三千人の宿舎が建ち並び、音楽クラブや野球クラブの友達も全国にバラバラになっている。

千葉県H区に避難したが、子供たちは学校で「なんで福島から来たのか?」とイジメられた。H市に転校した時に教育長に「福島から来たことを伏せてくれ」と頼んで「H区から転校した」と紹介してもらいイジメはなくなった。

 次回は7月10日原発専門家の証言が予定されている。  (NT記)

2015年

5月

20日

今日はアロマの日です

 長谷川講師二回目のアロマ・ケアです。8人の方が集まり肩こりの処置など色々と健康相談をしながらのおしゃべりも含めて楽しい会になりました。    (NT記)

20150520aa

講師の長谷川さんはいわき市勿来の出身です。3.11で被災してからいろいろとあって松戸に来られたということです。


続きを読む

2015年

5月

05日

今日は「歌の日」。手作りお菓子で盛り上がり

 今日は恒例の歌の日。エレクトーンの先生もドレスにおめかしです。

子どもの日をお祝いして、手作りのお菓子の差し入れが沢山ありました。

今日はおかげ様で、たくさん歌って満足。沢山いただいて満足。いい日になりました。 

そう言えば、今日は子供の日 端午の節句ですね。      (NT記)

 

20150505aa
20150505ab

続きを読む

2015年

4月

22日

5月のサロン・イヴェント予定

 5日(火) 歌の日

12日(火) 相談ディー

13日(水) 13:30~ 囲碁の日

14日(木) 午後閉館

19日(火) 13:30~ 手芸の日(トンボのブローチを作りましょう)

20日(水) 13:30~15:00 アロマでリフレッシュの日(要予約)

21日(木) 13:30~ カラーの日(要予約10名)自分らしいおしゃれを

26日(火) 自主避難者交流の日

27日(水) 13:30~ 囲碁の日

28日(木) ママ・カフェ(子育て中のママ集まりましょう)

30日(土) 11~14時 避難ママたちの交流会(サンドイッチで交流)


詳細はサロンにお電話ください(火~木曜日、TEL:047-710-5519)

なお、この予定は毎月の定例になっています

2015年

4月

08日

春の新作(Ⅲ)

 サロンに集まる方の、特に富岡町出身のIさんの楽しみは手仕事です。時々サロンで作品を披露してくれます。今日の新作はケーキの箱に遊ぶワンちゃんです。ワンちゃんはモールの細工です。

楽しげに遊ぶワンちゃんがよく表現されていますね。

(ケーキ箱の蓋は除いて撮影しています)

20150405bb
20150405ba

2015年

4月

05日

福島県人会の花見に参加しました

 今年も避難者の方々が福島県人会の花見に招待されました。しかし残念ながら朝から雨模様。松戸駅西口の商工会議所別館に場所を移して開催されました。

いまだに多くの避難者の方々がいます。私の前に座った方は南相馬市小高区から避難している方でした。

歌などの余興もあっていつもながら楽しい会になりました。12時から3時まで。椅子机を片付けて散会しました。

20150405aa
20150405ac

続きを読む

2015年

4月

01日

今日の房総太巻き寿司

20150401aa

4月1日。今日から新しい年度の始まり。今年度も宜しくお願いします。八千代市から来てくれるMさんが手作りの太巻き寿司を沢山差し入れてくれました。私の好きな卵焼きで巻いた寿司です。皆で頂きました。


2015年

3月

31日

自主避難者広域交流会

 「黄色いハンカチ」を利用する自主避難者の交流組織「自主避難を語り合う会」(佐藤利雄代表)が主催して「語り合おう私たちのこれから」をテーマに交流会を開催。参加者53人内被災者23人が集まりました。

岩手県(4人)・宮城県(6人)・福島県(13人)です。

宮城県庁2名・福島県庁1名・県人会代表の他に千葉原発訴訟団の滝澤弁護士・圓慶寺浅賀住職が参加しました。(司会は南相馬市避難者の高田さん)

 この交流会は中央労金の補助金で開催できました。お礼申し上げます。

 [南相馬市から自主避難している佐藤利雄代表の挨拶の内容]

26年間原発で働き原発の安全神話を信じ疑っていなかった佐藤さんは当時自宅にいました。爆発事故後原発構内で働いていた息子さんから「原発が爆発したので逃げる支度をしておけ」と電話があり、息子さんの帰りを待って伊達市(旧月町)の奥さんの親類の家に二週間避難。3月末縁あって松戸市に避難して4年経過しました。当時中学二年生のお孫さんは高校三年生になるそうです。

 

 松戸市有数の料亭「吉富」の料理を堪能した後、4グループに分かれて交流し、自主避難者の皆さん夫々の事情を聴きました。大変ですね。

二次会は交流サロン「黄色いハンカチ」に集まり、軽くビールを飲みながらにぎやかに交流しました。                (NT記) 

 

20150331aa
20150331ab

続きを読む

2015年

3月

25日

三陸復興(釜石・大槌)写真展[3/24~26日]

 「岩手 釜石・大槌 復興カメラ」写真展開催中です。この地区は3.11の地震と津波で多くの被害があった場所です。津波で大槌町役場の会議中町長さん他40人が亡くなっています。私の話で恐縮ですが、大槌図書館では美智子皇后陛下の読まれた童話「かぜの電話」を読みました。一見すると被災地は片付ききれいになりましたが、土盛り工事中の有様を見るにつけ復興というとどのくらい進んだでしょうか?疑問に思います。人口流出は進んでいます。

 岩手県の死者5,115人、 行方不明1,132人。

 なお、写真は岩手県及び特定非営利活動法人@リアスNPOサポートセンターから借用しています。           (NT記)

20150325ba
20150325bb

2015年

3月

25日

新作(Ⅱ)

 富岡町のIさん姉妹3人がそろいました。なかなか風邪が抜けないと思っていたら、花粉症もあるようです。お大事に。

新作第二弾です。ワンちゃんが黒いプラスチックの弁当箱に集合したのと、ヤクルトのプラスチック瓶の人形です。いつも工夫が凄い。頭が老化している暇がないですね。  (NT記)

20150325aa
20150325ab

2015年

3月

20日

原発避難者集団訴訟傍聴記(2)

 3月20日(金)午前中千葉地裁で第三回原告本人尋問手続が行われました。今日は浪江町出身の奥さんを鎌ヶ谷に残して浪江町で農業を始めていた方の原告尋問が行われました。

 その後、今後の証人尋問の手続きや和解協議の手続き期日が協議されました。

 次回は5月29日(金)10:30から同じ千葉地裁新館601号法廷で、

地震学者などの専門家を証人として尋問が行われます。  (NT記)

2015年

3月

18日

自主避難者広域交流会を開催します(3月31日)。参加者募集中です。

 東日本大震災によって失われた故郷。復興の見通しは立たず、いつ帰れるかも分からない。「いつか戻りたいけど、今は戻れない」人達、「戻れると言うけど、戻りたくない」人達。岩手・宮城・福島県の自主避難者の皆さん、ご参加ください。

 

申込み先:「黄色いハンカチ」(火・水・木)10~16時(担当:高田)
      Tel:047-710-5519、にお電話ください。
交流会の内容

日時:3月31日12:00~14:00

場所:料亭「吉富」(松戸駅西口から徒歩13分)松戸市松戸1757番地

   旧水戸街道沿いで、近くに松戸神社があります。(TEL:367-2048)

 

2015年

3月

18日

新作です

 富岡町のIさんは本当に手仕事が大好きです。

今回の新作は、フイルム・ケースを使ったお内裏様とお雛様。モールを使ったサッカー。お内裏様とお雛様もお目目パッチリの本人に似た美人です。フイルムケースが手に入りません。一個でも二個でも寄付頂ければ、幸いです。           (NT記)

20150318aa
20150318ab

2015年

3月

11日

4年目の3.11をお坊さんと過ごしました

 あの災害の日から早くも4年間が過ぎ、今日から5年目が始まります。

午後には松戸の圓慶寺住職 浅賀倫大師にして頂き4年目の3.11供養を行いました。23人の人々が集まり、読経の講義も受けました。

 進まない復興の一方であの惨禍が忘れ去られるのではと心配な4年目ではありますが、サロン一同来る5年目に期待しています。 (NT記)

20150311ab
20150311aa